函館市 外壁リフォームの教科書

北海道

函館市 の外壁(塗装・サイディング)リフォームの教科書

外壁塗装リフォームについて

外壁リフォームの多くは、室内のキッチンや風呂場とはちょっと違います。装飾的なものではなく建物本体のメンテナンス。建物を長期間維持させるための予防接種、医療行為のようなイメージです。

つまり非常に大切!

できるなら悪くなってから行うよりも、定期的に行うことで建物の寿命を延ばすことが可能になります。その外壁のリフォーム。

大きく2種類の方法があり、それぞれ材料の種類や、施工方法に違いがあります。それぞれ分けてご説明しましょう。

・塗装
・サイディング

 

そろそろ家の壁が傷んできて

どうしようかな・・・と

では、「塗装から!」

 

建物外部の木部やモルタル壁は、塗装による皮膜で守られています。この皮膜は風雨や太陽の紫外線などによって年月とともに弱くなっていきます。

外壁の塗装は、建物を保護するための皮膜といえるもの。化粧品に例えると日焼け止めのようなもの。日焼け止めのように塗装を行うことで建物の性能を保つことが可能という訳です。

そのまま放置しておくと下地が弱り塗装の手間も余分にかかってしまいます。

言うまでもなく外壁塗装は一軒一軒、築年数はもとより、建物によって違い、同じ現場はありません。例えば外壁の面積が異なったり、長く塗り替えていなかった場合は、材料の数や手間も多く必要になります。

外壁の破損

外壁リフォームの時期

外壁リフォームの判断時期は、2つあります!一つは状態を見て判断するというもの。もう一つは、症状が出るまで待たず定期的に時期を決めておいて行うと言うもの。

外壁リフォーム

まず、一つ目の症状的な塗り替え時期とは、「外壁の汚れ」、「ひび割れ」、「塗装のはがれ」、そして「カビ」などが現れた状態をいいます

当然ですがその症状に合わせた対応が必要になるため、それなりの費用が発生します。

もう一つは、塗り替え時期を目視による判断ではなく、定期的に決めておく方法です。たしかに定期的に塗装をし直せば建物は長持ちします

見た目もキレイな状態を維持できます。

外壁塗装リフォーム/定期的に塗装する場合の目安

あくまで目安としてですが、今は少なくなった漆喰の壁なら約6年ほど。よくあるモルタルの壁は12年程度でしょうか。

これも木材を使ったところの多さで変わってきます。木材の部分をキレイに維持するにはもう少し早い対応が必要かもしれません。

もし、少しでも長い期間手入れしたくなければ少々値が張りますがセラミック剤の入った塗装を使用すると15年以上は長持ちするといわれています。そうすると15年単位の塗装でOKと言うことになります。

これも費用という面もあり、どちらが良いというものではありません。

ただ塗装期間を6年毎に決めておくなら塗装の材料はセラミック入りである必要はなく、通常の弾性塗料といわれるもので十分です。

 ■手入れの目安

  •  漆喰 6年~
  •  モルタル(コンクリート)12年

■手入れの目安

  •  漆喰 6年~
  •  モルタル(コンクリート)12年~
  •  モルタル(セラミック入り塗装)15年~

※これらはあくまで目安で、実際に現場の状況や、壁の状況で変動します。

 

外壁塗装リフォーム/工事の流れ

モルタル壁と木部の塗装工事は標準的な家100㎡2階建てで6日ほどかかります。もちろん形状が複雑な家の場合は余分に日数が必要です。

外壁リフォーム 足場

工事の流れは家に足場を作るところから始まります。

ここで「安くしますよ!」と・・・

足場を設けずに塗装を行おうとするリフォーム会社や塗装会社、塗装の職人がいたりします・・・

これでは丁寧な仕事ができないので、それを強要するような会社は問題外です。

次に足場を組んだ上から家の周りにシートで覆います。その上で高圧洗浄機でモルタル壁についているホコリや、汚れを除去します。古い家の場合で壁がもろくなっている場合は手洗します。

この後は1日程度、乾かします。そのため天気は大切ですね。

乾くまでの間、木材の部分や、金属の部分の古い塗料をサンドペーパーで落とす下地調整を行います。

壁が乾くとヒビ割れなどの点検を経てシーラーまたは、プライマーと呼ばれる下地調整用の塗料を塗ります。壁の寿命を延ばすためにはこの下地調整の作業が非常に重要です。

個々の部分、意外と手抜きをされやすい部分なので注意してください。この部分、壁が古い場合シーラーを通常の2倍程度塗ることで長持ちさせせることも可能です。

モルタルの壁の場合はローラーで仕上げる弾性塗装が主流です。塗装は各メーカーから耐久性を高めた高機能塗料も出ています値段や特徴の違いを業者に説明してもらって選ぶべきです。

 

外壁リフォーム 足場

 

外壁リフォーム(サイディング)

外壁のサイディング工事は、慎重に判断してください!

外壁リフォーム業者から、「サイディングなら、塗装より簡単で安く上がります!耐久性も高いですよ」と勧められるかもしれません。

サイディングとは外壁材のことを言います。建物の外壁に貼ることで完成させるものです。材質は金属系と窯業系があります。金属系はさらにアルミから鉄板までいろんな種類の外壁材があります。

アルミは腐食しませんが鉄板はカット面からサビが出ます。アルミは軽いので地震には良いのですが防火性と断熱性が難点です。

工法の違いとして塗装は塗料を「塗って仕上げます」。サイディングは板状のパネル壁に「貼りつけて仕上げるものです」。サイディングは、手法的に簡単なため最近は、非常に普及しています。

サイディング工事で注意して欲しいこと

足場を組んで、表面を洗いにかけたます。ここからは塗装と違い、大工仕事になります。サイディング・ボードを家の形に合わせてカットし張り合わせていくのです。

サイディングで外壁をリフォームする場合、手軽でキレイ、雨水や天候にも強く価格メリットもあるのですが注意して欲しいことがあります!

それは、今ある壁をどうするかということ。

既存の壁に外壁材を加えれば壁や、それを支える柱や土台に、これまで以上の重力が加わることになります。見た目は綺麗でも耐震性が低下することになっては本末転倒です。

サイディング リフォーム

土台や壁、柱の強度を度調査も必ず一緒に行うべきです。

調査で問題がわかったら補強材で耐震性能を上げるなど家としての強度を上げて工事を行うべきです。

そうすれば見た目も中身もレベルアップする一石二鳥の外壁リフォームとなります。

価格的には使用するサイディングの種類や窓の個数、壁の角の部分などで変わってきます。

このようにサイディングは家のコーナーや、窓枠との調整などに独特の難しさがあって建物形状によって工事内容も変わります。

補強も問題や、施工の問題も含めて誠実な業者に相談しないと失敗するので業者選びは慎重に行ってください。

・・・ご挨拶が遅くなりました

私は、ある有名な外食チェーンの店舗開発部という店舗の出店や既存店の改修、リフォームに携わる部署で長年にわたり実務を経験し、その傍らビジネスホテルや社員寮、アパートなどの企画、建設に携わってきました。

限られた日程や予算の中で建物を維持し、見た目を保っていくのに苦労を重ねたものです。

店舗の外壁や、アパートでも様々なリフォームを行う中で頭を悩まし、解決を方法を探ってきました。いうなれば、その道のプロといったところでしょうか(笑い)

そんな私でも良かれと思ったリフォームが誤っていたり、思っていた以上に費用が掛かったり、失敗して叱責を受けたことも多々あります。プロでも間違う!それがリフォームです。

外壁のリフォーム!注意してほしいこと

外壁のリフォームは、注意が必要です。

塗装も、サイディングもリフォーム後から最低でも10年以上は、風雨や、太陽からくるダメージから家を守らねばなりません。

それだけに外壁のリフォームは慎重にお願いします。よくあるのが業者の甘い言葉に乗ってしまうこと。価格に走りすぎて失敗する例が多くあります。

そこではっきり申し上げておきます

家を守るための外壁リフォームは、安さだけ、予算を優先しての交渉はほどほどが大切です。

値切りすぎると見積金額を合わせるために材料の質を落としたり、作業工程を単純化したり金額的な調整を図ってしまう危険性があります。

予算内には収まり、見かけに満足しても、見えない部分で手抜きや、低レベルの材料を使われていたとしたら悲劇でしょ・・・。

もちろん高ければ良いというものでもありません。

リフォームに気を付けて

安そうに見えて・・・

  • 塗装なら塗料の質や、下地処理、重ね塗りの回数
  • サイディングなら、下地の処理など

見えない部分で原価を安く調整して辻褄を合わせるなど簡単です。つまり、安く見えても結局は、普通。

それどころか割高なんてことが起こります。仕掛けは単純ですが、一般人には分かりません。

 

つまり、リフォームは価格相応に出来上がるもの!と覚えてください。激安とか格安!などありえない。オカシイのです。

コダワリの材料をふんだんに使いつつ、経験豊富なベテラン職人がしっかり時間を取って施行します!しかも、あなただけには激安!格安!でご提案!・・・

こんな手品や、マジック、魔法のようなことは起こりえません。

安いには、安いだけの理由があるはずです

「利益度外視でやらせていただきます!!・・・」なんてことを、これまで知り合いでもなかったあなたに利益を削って奉仕してくれるハズがない・・・そう思いませんか?

  • 創業祭なので?
  • 先着〇名だから?
  • モニターに当選したから?
  • 今回だけ!
  • 利益度外視・・・
  • なーんてこと、ありません!

色々なことを聞かされても・・・全部ありえない。受注のための口実!・・・安くできる理由がどこかにある。もしくは、安くも無く、それなりなのかもしれません!

 

・・・安いのは材料の質を落としたり、経験の浅い職人を使かったり、工期を縮めて簡単な施工にしたり・・・激安・格安!って喜んでも実は価格相応。

相応ならまだ良いのですが、見えない部分で適当な工事が行われていたら・・・そう手抜き工事だったらどうしますか。これがリフォームの怖いところです。

もうお分かりですね!

相場を下回るような価格は出るはずがありません!激安で契約したは自慢にはならないということ!

リフォームで大切にしたいのは!

お互いの信頼関係で価格ではありません!
ではどうすればよい?

 

リフォーム業界とは!

これを言ったら・・・恨まれる

塗装や外壁のリフォーム会社は、施工とは言いっても建築業の「免許」は不要です。何ならあなたも明日から参入できるということ。だから色々な業者が入り乱れています。

ホームセンターでもリフォームコーナーは今や鉄板です。その他、家電量販店や、住宅メーカー、もちろん地域の工務店、建設会社、リフォーム店、不動産。最近は大手のスーパーでもリフォームに進出しています。

・・・どうして?

先のにも申しましたが・・・原価の調整が簡単で儲けを出しやすい!

リフォーム裏の顔外壁リフォームなんて数十年毎。慣れてる人なんていません。一般の人はまったく不明な分野。つまり誤魔化しやすい!

実は、定価なんて言うものがなく、原価の調整が効くため利益を出すのが容易な業態です。

もちろん真面目に正直に行われている業者も多数おられます。しかし一部、不真面目な業者がいるのも事実です・・・

何度も申し上げますがリフォーム業界は、悪質なリフォーム業者が少なからず存在します。苦情やトラブルの多く、その証拠に以下のように「国民消費者センター」へのクレームが多い業界とされています。

リフォーム業は、クレーム業といわれるほど!!

リフォームはクリームも多い

 

外壁のリフォームに価格破壊はありません

外壁に限らず、リフォームには、一つとして同じ現場はありません。
つまり、費用はそれぞれ違って当たり前・・・そのため価格からアピールできるはずがありません。

 

こんな言葉にご用心!

モニター大募集!創業記念!近くに現場があるから格安で!

〇〇日までのチャンス。奉仕価格・・・、今なら!

 

外壁リフォーム

外壁のリフォームは、経験や技術が大きくモノを言います。現場の状況を見て提案する力がなければ正確なリフォームはできません。

だから現場を見せずして費用や、これが相場・・・という価格だけで判断してはなりません。

言葉の魔力に負けないで冷静に考えましょう。安すぎるのは何か問題がないのか?安すぎるのは手抜き前提?など疑ってかかって丁度良い。

 

リフォーム/だったら・・・大手が間違いない?!

誰しも、「 信用=大手 」と考えてしまうもの。

知名度があるとかTVコマ-シャルで親しみがあるからとか・・・いうのは違います。

大手さんは、手抜き工事が少なくて安心できそうですが、それらは安心料!リフォーム価格に確実に上乗せされて当たりまえ。

この工事がこんなに高いの・・・驚いたことがどれほどあるか!2倍、3倍当たり前の世界。

大手の人件費は膨大!

毎日のように見るテレビ広告!豪華なパンフレット。

多くの従業員とCMの経費が価格に乗っかってくるのですから安くできる仕組みそのものが存在しない・・・。

材料費+(人件費+広告宣伝)+外注費 = 同じリフォームでも高くなるのは仕方ありません

つまり、同じリフォームでも大手にお願いした!という「 自慢+安心料 」だと納得できるなら良いのかもしれませんが、本当にそうなのか!

実は、常とは申しませんが大手であればあるほど、受注後の作業は下請け(外注)にに回すもの。受注と施工は別・・・ということは階層が増えるだけ。それが外注費。

でも、中には親身に適正価格で提案する大手もあると聞いています!

 

リフォームを賢く

 

安心の外壁リフォーム/業者の選び方

価格だけで選んではいけないこと理解した!で、実際そうすりゃよい業者に巡り合えるの?

答えは簡単!

相見積もりを取る環境を目指してください!

誰にとか、どんな業者に!ではなく、不特定多数!多くの業者に聞ける方法があります!以下のような優良なリフォーム業者が集まったサイトを利用するのです。

 

色々な業者に一度で見積もりを依頼でき、多くの提案から比較まで出来る!

 見積もりとは?!

いくつかの業者から見積もりを取って比較することををいいます!

 

外壁リフォーム/賢い相見積もりとは

相見積もりがリフォームを成功へと導くカギです!

ただし!相見積もりにも秘訣があります。単に集めれば良いというものではない!賢い相見積もりの方法というものがあります!

どんな業界でもそうですが、すべての業者が同じ形式で見積もりを作ってくれることはありません。業者によって色々な形や、書き方があります。

そうなると、せっかく相見積もりをしたのに単純に金額の高いとか、安いで決めたりしがちです。これでは意味がないことはもうお分かりですね。

価格に走ってはいけない!

■ しっかりした材料を使って欲しいので材料費以外の費用が少ない方を選んだ!

・・・でも、内容の割り振りなど、どのようにも記載できますよね。

■ 値引きのの大きな方を選んだ!というストレートな判断。

・・・そもそもリフォームに定価というものが無いことはお話ししました。ということは値引額にも根拠は無いというのがホントのところ。

例えば、300,000円の値引されていても、その分、上乗せされている可能性もあります。もしくは工事の内容で調整しているのかもしれません。

値引き額が大きいとインパクトはありますがそれだけでは意味がありません。

 

なぜ?相見積もりをするの???

相見積もりを上手く利用すれば理想的な工法と適正な価格、信頼できる業者に出会えます!

▼相見積もりに進みたいなら、実績あるココがおすすめ

相見積で大切なのは、まずは金額ではなく、工事の明細が大切。

使用する材料。材料のメーカーや単価、特徴、品質。工事の方法や範囲などを確認して欲しいのです。受け取ったら1項目ずつ確認する位の気持ちが大切です。

そうすることで各社の工法による価格の違いが見えてきたり、優劣が分かったり、材料の質や違いが見えてきたり、同じ材料でも価格が違うことも分かったりします。

なぜ? この材料を使うの。なぜこの工期なの? 相見積もりで見えてくる部分を納得いくまで聞きましょう。

特に工法は、しっかり説明を受けてください。分からないところは、どんどん聞くこと。なぜこの工法なのか・・・なぜこの材料なのか、なぜこの個数なのか・・・

内容が分からなければ納得するまで質問すれば良いのです。遠慮などする必要はありません。そうしていると記載されている工法と金額のバランスが分かってきます。

外壁リフォームの勘所

説明を面倒がるような業者はやめた方が良いかもしれません。

この過程でまともな商談ができない業者は外しても良いと思います。

 

外壁リフォームの成功は、人対人!あなたと業者との信頼関係がなければ成功しません

選び方としては、よく相談乗ってくれて、いろいろお客側の立場になって考えてくれたり、あれこれ面倒なことを相談しても、嫌がらず考えてくれたりする業者です。

価格を相談すると質を落とさず、他の安価な材料を提案してくれたり、施工については経験上のアドバイスをしてくれたり、何かと親身になってくれるリフォーム会社を探しましょう

その反対、悪質な業者は、材料を変更したり、面倒なことを嫌います

利益の出る材料を変えられたくなかったりします。工期を短くして職人の日当を減らすことで見た目の金額を落されかねません。手抜き工事の温床です。

何はともあれ「× 見積もり金額が高くて、材料の質も悪い」なんてことには、ならないように気を付けてください。

しっかり答えてくれて、納得できるようになってから決めればよいのです。

急ぐ必要はありません!

 

外壁リフォーム足場

外壁リフォーム/相見積もりの仕方

インターネットを使えば外壁リフォームを行う業者は、これでもかと言うほど見つかります。注意すべきは情報の信頼性。

 業者探しは、信用ある専用リフォームサイトを活用!

・リフォーム業者を個別ではなく(一社一社は競争が働かない)
・複数のリフォーム業者が集まる紹介サイトがベスト
・登録に審査があるなど優良会社が多く登録しているサイト!!

複数のリフォーム会社に一度で依頼できるサイト。リフォーム業者を1社ずつ調べる必要がないため、時間の節約にもなります。しかも・・・

そういうサイトに登録してる業者は

  • 相見積りを取られる!前提
  • 他社と競争になる:前提!
  • 競争が分かっているから真剣(ボロ儲けできるような見積もりは出てくるはずがありません
  • 競争がないと材料、価格の両方でボラれかねません。

注意するべきは、サイトの登録基準。登録されているリフォーム会社が一定の基準をクリアした会社のみ登録しているサイトは信頼性が高いといえますよね。

私がオススメするのは以下のサイトです。

外壁リフォームの優良な業者が集結。しかも見積もり無料で、プランや見積書を提案してもらえます。面倒がなくて手軽。相見積もりに最適だと思います。

▼安心できるサイト運営も評価ポイントです。

 

  • 外壁のリフォームは、完成後を見ないで契約し、お金を払わねばなりません!しっかり比較して良心的で経験豊富、信頼できる業者を選びましょう
  • リフォームは、予算に応じた提案力としっかりした職人の技術にお金を支払うものです。けして安さだけを優先しないでください!
  • 工事の経験などを聞き、提案力のある業者を選びましょう。品物を売ることばかり、価格ばかりでないか見極めましょう。

基準が明確で良質なサイトから相見積もりを依頼し、良い業者と出会うことが大切。外壁リフォームで成功する近道であるということです。あなたのリフォームが成功することを祈っています!

応援しています!

タイトルとURLをコピーしました